給料日前のキャッシングサービス

給料日前に現金がなくなり、友人や親に借金をしたくない場合は、キャッシングサービスの利用をおすすめします。ATMなどを利用し、クレジットカードを挿入して暗証番号を入力すると手軽にお金を引き出すことができるので便利です。キャッシングとは、無担保で現金を借入することですが、キャッシングサービスの利用には、基礎知識を持って利用します。キャッシング金利はクレジットカードによって違いがあり、18パーセントの高金利のところもあります。給料日前だからと言って高額を引き出すと、後から多くのお金を払うことになります。また、少額ならばいいと思っていると、返済が長引いたりすると手数料が増え、後悔します。金利についての計算をし、返済プランを自分が持っていることが重要です。金利の低いクレジットカードを選んで利用することがポイントです。手軽に利用できるメリットがありますが、クレジットカードを使用する金利を忘れないようにします。

キャッシングの臨時返済について

急な要りようでどうしてもお金が足りないとき、誰か友人や親など、お金を貸してくれる存在が身近にいれば良いのですが、誰もお金を貸してくれる宛がないときは、どうすれば良いか困ってしまいます。そのようなときに便利に利用できるのが、キャッシング会社です。
通常キャッシングは、正社員である程度の勤続年数があれば、借りることはできます。また、そうではなく、アルバイトやパート社員であっても貸してもらえる会社は存在します。お金を借りるときに重要なのは、自分が無理をせずにしっかりと返済していける金額をシミュレーションして、借りることです。無理をしてしまうと、今度は返済に追われてしまい、生活が苦しくなるどころか精神的なストレスが大きくなり、うつ病などの精神疾患になってしまうことがあります。
また、ほとんどが月に一度決められた日までに返済をしていきますが、もしも臨時的に、もしくは余裕があるのであれば、臨時返済をしていくと早く返済が終わるだけではなく、利子も少なくてすむため、負担が小さくなります。

キャッシングの融資取引履歴について

キャッシングを利用されてる方は多いのではないでしょうか?
急な出費や現金で必要な場合は便利ですよね?

しかし、今いくら借りていて、あといくら貸してもらえるのか
わからなくなってしまう方もいらっしゃるでしょう?

その際は融資取引履歴を見てください。
これは現状でいくら借りているのか、あといくら借りれるのか見れるものです。

キャッシング会社やご自身の設定によて見る方法は違いますが
毎月自宅に書面にて送られてくるか、もしくはインターネットで見るかどちらが多いです。

今の時代はスマートフォンや携帯電話を思っている方が多いので
インターネットで履歴を見る方が増えてきていますね。

キャッシング会社のサイトに入って、カード番号やパスワードを入力すれば
今、現状の取引履歴が見れます。

インターネットであればタイムリーな情報わかりますので
昨日までの取引が見れたりします。
これも会社によって、見れる取引期間が違うので気をつけてくださいね。

賢く、無理なのないキャッシングをするのは、融資取引履歴をぜひ活用してみてはいかがでしょうか?

審査なしのキャッシングなんてない

キャッシング利用における難関が審査です。審査に通過できないと融資を受けることはできないため、できれば審査なしで融資してくれるキャッシング会社を利用したいと思うでしょう。
しかし、現実的に審査なしで融資をしてくれるキャッシング会社は存在しません。もしもあるとしたら、それは闇金業者になるので、利用はおすすめできないでしょう。
そもそも審査は、申込み者の信用を確認するために行うものです。お金を貸す以上は返済してもらう必要があり、それは言いかえれば返済できそうもない人には融資できないということでもあります。
審査では、そういった個人の信用確認のために行います。例えば、職業は、年収は、勤続年数は、家族構成は、住まいは、さらには過去から現在までの借り入れ状況もチェックされるのです。ここで問題がある場合は信用がないとして審査に通過できないでしょう。
しかし、審査条件は各社で異なるため、もしも不安な方は審査が緩いキャッシングに申し込むのも手です。

悪質な闇金融の実態

闇金は、正確には「闇金融」と呼ばれています。意味としては、正規の貸付ではない融資を行う業者のことです。

通常、貸金業を営む場合は国(財務局)または都道府県に届け出を出して登録をすることが義務となっています。しかし闇金はこうした登録を行わずに運営しており、そのため違法金利での貸付や違法な取り立てを行い、貸金業法に従うこともありません。
ただし、中には登録をして違法営業をする、より悪質性の高い業者もいるので一概に登録していない業者を指すわけでもありません。要するに明確な定義があるわけではなく、ざっくばらんに言えば貸金業法に違反する業者をまとめて闇金業者と呼びます。

ちなみに、消費者金融と混合している人も多いですが、全くの別物です。確かに以前は法律が適切ではなかったために消費者金融に良いイメージはありませんでしたが、現在は法改正もされて正しく運営されている業者ですので、混合して考えるのはやめましょう。

料金滞納で支払督促状来ちゃったよw

うちの母に支払督促が届いて家族中みんなびっくり!
だって、裁判所から届くんですもの、何か事件?って身構えちゃうのも
致し方のないことですよね??(^_^;)
結局のところ、母がボケたんだかなんなんだか知らないですけど
料金滞納していたものの請求が来たっていうことらしいんですが、
こういう支払督促が届くのって初めてなので、どうすればいいのかわからず
ちょっとネットで調べてみたりしました。
支払督促の内容に異議がある場合は同封の異議申立書を使って異議申立てを
裁判所に送り返すことになるみたいなんだけど、内容は別に疑ってかかってるとか
いうわけじゃないから特に送らなくていいのかな?って思ったんだけど、
そのまま放置しておくと、強制執行になるとかってんでなんだか穏やかではないですよね。
かといって、異議申立てすると、裁判になっちゃって分割なんかの支払いの
協議をすることになるってんで、それもそれで面倒だし、別に
お金がなくって払っていなかったわけではないから分割にしてもらわなくってもいいんだけど…。
こういう分割って例えば多額の借金があるときとかならこの手段をとればいいんだろうけどさ。
って、ここまできて思ったんだけど、結局のところ、うちの母みたいに
ただ単に忘れてました、すぐに支払えますってんなら、直接債権者に
連絡をとって全額支払いすればいいだけの話ってこと??
裁判所の名前できているから、裁判所に対して動かなきゃって思っていたんだけど
さっと支払いができるなら面倒な手続きだとか訴訟とかしなくても大丈夫っぽいですね。
少額訴訟であっても裁判記録とかって残るんだろうし、裁判しなくていいなら
それにこしたことはないですもんねぇ。
やっぱ、こういうことは実際に自分や自分の身内に請求とか来ない限りは
なかなか普段の生活では身近なものではないですしいきなり来ると取り乱しちゃいますよね。
もし、どうしてもわからないってなったら法律事務所なんかに相談するのもいいみたいですよ~。
特に、実際に分割の手続きとか必要になって、裁判をしなきゃいけないってなったら
やっぱり弁護士さんなり司法書士さんなりについてもらったほうが安心ですもんね。
ちょっと調べてみるとそういった法律の専門家へのこういう支払督促に関する
オススメの相談窓口・連絡先が見つかりました。
中には匿名で無料相談を受け付けているところもあってびっくり。
まあ、自分がお世話になることはないだろう…というか、なりたくはないけど
万が一のときのことを考えてちょっと頭の片隅に入れておくとよさそうですね(笑)。

支払督促状来たけど放置してやろう

あちこちからお金を借りすぎてしまって返済しようにもちょっと
把握するのが大変になってきたなぁって思っていたころ、裁判所から
支払督促状が届いて、正直、取り乱してしまいました。
結局のところ、返済しきれていないものが出てきてしまって借金を
滞納していたっていうことなんですよね…んで、債権者が裁判所を通して
法に訴えますよって言ってきてるっていうことなんですよね。
しかし、一度にお金を支払えるんだったら最初からこんなにあちこちから
お金を借りまくってるわけがないといいますか、とても一括返済のしようがないので
ほとほと困ってしまった私はちょっとインターネットでどうしたらいいのか
調べてみることにしました。
ちょっと調べてみると法律相談室のような、気軽に無料で相談できるところも見つかり
そこで、弁護士・司法書士の先生に質問してみることにしました。
そこを探す前に、この支払督促を無視していたら強制執行されてしまうということを
見かけていたので、どうにかならないかと思ったからです。
強制執行になると給料も直接差し押さえされるらしく
(もちろん、全額の差し押さえというわけではないらしいですが)
そんなことになったらそれこそ生活していけないので、私も必死でした。
そこで知った司法書士の先生と実際に会うことにもなり、債務についての
相談をすることにしました。
最初はこの支払督促をなんとかしたいと思っていたのですが、
それ以前の問題で普通にお金を返済していくのにも今の借金額と収入を比べると
このままどんどん借金を増え続ける一方で破綻してしまうのも時間の問題だと
いうことがわかったので、結局、債務整理をすることになりました。
個人再生の手続きをすすめることになり、結局、裁判所のお世話になってしまって
恥ずかしいですが、今後は司法書士の先生に一任しようと思っています。
支払督促が手元に届いた時はどうなるのかと自分は不安でしたが、
結局のところ、闇金などに手を出す前に法律の専門家に相談にいく
きっかけになってくれて本当によかったと思っています。
もし、ヤミ金融に手を出していたら、今まで以上に借金に苦しむことになっていたんじゃないかと容易に想像できますし
もしかしたら、裁判所どころか警察にまでお世話になってたかもしれないなと思うのも杞憂ではないでしょう。
ちょっと特殊なケースかもしれませんが、同じような状況の人は
一刻も早くプロに相談することをオススメします。

借金返せないという問題の解決

人によって、借金を作った理由はいろいろあるかと思いますが、
私の場合は無理なママ友づきあいが原因でした。
子どものために…と思って、いわゆるお受験をさせたのですが、
受かった学校に来る生徒のご家庭は基本的に富裕層。
我が家みたいなごくごく普通のサラリーマン家庭は珍しいくらいでした。
当然、ママ友のお付き合いもそれにしたがってやたらとお金がかかることも
多く、高い学費を払うと生活費だけでもカツカツな我が家にとっては
どこから出せばいいのかわからない…といった感じ。
もちろん、そんなママ友付き合いなんか無視すればいいと言い切れる人なら
よかったんですが、親のせいで子どもが仲間はずれにされるのは可哀想かと
お金を借りてまで無理にママ友付き合いをしてしまったのです。
イジメなどのトラブルがおきてしまってはせっかく受験を頑張った
子どもに申し訳ないと思ったからです…。
夫に言ったら傷つくと思い、こっそり借りていたのですが、
返せるアテもなく、返済するためにまた新規でお金を借りてしまい、
だんだんと借りている額が大きくなっていきました。
そしていよいよ借入できる限度額にまで達してしまい、
もう借りることができなくなった私は闇金にまで手をのばそうかと迷っていました。
そんなときに私の古くからの友人が変わった様子の私に声をかけてくれ、
どうしたのかと話を聞き出してくれました。
誰にも言えなくて辛かった私はこれまでのことを友人に話しました。
そうしたら、すぐに友人は
「多重債務をなんとか債務整理するには法律事務所の相談窓口にいくのが一番」
だと、アドバイスしてくれました。
無料の電話での相談もすることができると教えてくれ、私は相談にいきました。
どうしても夫には知られたくなかったので、こっそりと任意整理をすることになりました。
まだこれからきっちりと減額してもらった借金の残額を支払っていかないと
借金問題は完全に片付いたことにはなりませんが、一応、このかなり少なくなった
支払いさえちゃんと返していけば終われるんだと明確にゴールができたことで
気持ち的にはとてもほっとしています。
これから、ママ友づきあいはそれなりに距離を置いて、
ちゃんと自分の家の収入に見合った生活をしていきたいと思っています。
私がした電話相談以外にも法テラスなどの相談会、メールでの匿名での相談など
無料でできる相談はいくつも種類があります。
借金で困っている人は自分にあった方法がないかどうか調べてみることをオススメします。

優しい闇金業者はいないので弁護士に相談を

高金利だと分かりながらもどうしてもお金が足りずに闇金の融資を受けて、期限通りに暴利と元金全てを返済して終わったのに、その後もずっと返済を迫ってくる様な悪質な闇金がいます。

借りないと断ると借りるように脅されたり、借りてもいないのに返済を迫ってきたり、返済が終わっているのに終わってないと言いがかりを付けて返済を迫る闇金は、金融業者というよりも恐喝をしているのです。

返済が終わった翌日に元金だけを一方的に振り込んできて更に利息を払うように迫る闇金業者もいて、これも完済させない強引なやり方でずっと利息をむしり取ろうとしてきます。

ヤミ金の中にはソフト闇金といって、強引な取り立てや嫌がらせをせずに、安心できる信頼関係を築いて借入を続けさせ、警察にも弁護士にも行かないで借金地獄を続けてくれる上客を飼っている闇金業者もいますが、悪質な闇金かどうかの見分けは借りてみないと出来ません。

また、ソフト闇金と呼ばれる闇金業者も、返済しないとなると強引に取り立ててくる事は普通であり、違法な金利で貸金業を営むアンダーグラウンドな世界の人種であることを忘れてはいけません。

闇金取り立てSOS@ヤミ金の取り立て対策・無料相談で紹介されているような、闇金業者にどの様に対応すれば良いのか熟知している法律の専門家に依頼して、強引な取り立てを止めるように対策を取ってもらう必要があると言う事ですね。

弁護士などを相手にすると、違法な行いを平然とする闇金業者も相手が悪いことを解っているので、たかだか数万円の取り立てのために逮捕されるリスクを冒してまで取り立てには来ないんですね。

これが数十万円や数百万となれば別ですが、数万円の元金で高金利の闇金業者であれば、2回も金利を払ってもらえば元は取れているわけですから、司法書士や弁護士が出てきた時点で手を引いて悪質な嫌がらせなどもその日のうちに止まるというのが実態なんです。